メリットとデメリット

このページではレスポンシブwebデザイン導入のメリットとデメリットをご紹介いたします。

メリット

MERIT1HTML が1 種類なのでメンテナンスが楽

レスポンシブwebデザインでは、HTMLが1種類のみになるため、1つのHTMLを変更するだけで全てのデバイスに対応でき、メンテナンスコストが削減できます。

MERIT2更新漏れが無い(PC とスマホで情報が違うことが無い)

PCサイトとスマートフォンサイトとで情報が違うというのはよくありがちなミスですが、HTMLが1種類のレスポンシブwebデザインではその心配がありません。修正があった場合も全デバイス分が同時に更新されます。

MERIT3画面サイズによってデザイン変更するので、ほぼ全てのデバイスで最適化できる

レスポンシブwebデザインではデバイスの種類ではなく、単純に画面サイズによって表示するデザインを変更するので、ほぼ全てのデバイスに対してデザインを最適化できます。例えば画面の大きなスマートフォンではタブレット用のデザインにしたり、画面の小さなタブレットではスマートフォン用のデザインになります。

MERIT4現在発売されていないデバイスにも対応できる可能性が高い

デバイスで判別して振り分ける方法では、新しいデバイスが発売された場合、そのデバイスを振り分けるコードを追加する必要があります。複雑な振り分けを行わないレスポンシブwebデザインでは、現在まだ発売されていないデバイスにも対応できる可能性が高いです。

MERIT5システム連携作業も1 種類で対応できる。

システム連携を行っているサイトでもHTMLが1種類になるので、テンプレートのHTMLにシステムを組み込む際に何度も連携作業を行う必要がありません。

デメリット

DEMERIT1制作過程が複雑、開発時間が通常より長い

PCのみのサイト制作に比べて、開発時間、コストは多くなります。弊社サービスではPCサイト、スマートフォンサイト2種類を制作するよりはコスト安か、同等でタブレット対応もできるよう価格設定しております。

DEMERIT2PC用の重いグラフィックをスマホでも読み込んでしまう(表示に時間がかかる)

スマートフォンサイトでも大きい画像を読み込んで縮小表示するため、3G、4G回線などでは表示に時間がかかる場合があります。弊社サービスでは特別に重いグラフィックは、読み込みをかけないよう施策いたします。

DEMERIT3フィーチャー・フォンには非対応

ガラパゴス携帯とも呼ばれるフィーチャー・フォンには対応できません。別途ページを設ける必要があります。